ノアコインはOFWの送金手数料問題の解消が主たる目的として開発されていますが、日本をはじめとした世界各国からの協力を得るための計画も着々と進んでいます。その一つが夢の暗号通貨シティ「ノアシティ」の開発です。

マニラのど真ん中、東京で言うと、新宿や六本木というエリアから車で30分のところに、ノアプロジェクトの賛同企業の一つであるフィリピン航空が所有する広大な土地があります。そこに、あらゆる店舗でノアコイン決済が可能な「ノアシティ」が誕生しようとしているのです。

2017年のアミューズメント施設着工を皮切りに、2019年にはショッピングセンターが着工、2020年にはホテルやカジノも着工することになっています。レストランやホテルはもちろん、すべての店舗でノアコインが使えるシティが誕生するのは、それだけでも非常にワクワクしますが、フィリピンはいま世界中の注目を集めている投資適格国だということを考えると、ノアシティの魅力は計り知れないものになります。

不動産ひとつとってみても、高度経済成長真っ只中のフィリピンでは凄まじいレベルでのキャピタルゲインがありえます。例えば4年前に僕がマニラ中心部に2500万円で買ったマンションは半年後には6000万円に値上がりしました。いまのマニラの現状は高度成長真っ只中だった1960年代の東京を超えると言っても過言ではありません。だとすると、これだけの地価上昇があってもおかしくはないですよね。1960年代に銀座の真ん中に土地やマンションを買った人は、間違いなく、全員が億万長者になったはずですから。

さて、フィリピン人100人に聞いたら100人が一番いい場所と言うBonifacio Global City(BGC)というエリアがあります。僕が言及した上記のマンションもそのエリアで購入したものです。ノアシティはこのBGCになぞらえて、第2のBGCになるとさえ言われています。

ノアシティに建築されるマンションやホテルに投資したい投資家は世界中にたくさんいるでしよう。その物件が日本円でも米ドルでも投資できず、ノアコインでしか投資できないとしたらどうでしょうか。世界中の投資家がノアコインを保有したいと考えるのは火を見るより明らかです。

「暗号通貨の価値の上がり方」を思い出してください。あらゆる暗号通貨は総量が決まっているだけに、それを保有したいと思う人が増えれば増えるほど価値が上がります。すでに年間3兆円の必要性があるフィリピンのOFW、それにフイリピンを投資適格国として注目している世界中の投資家を加えると、ノアコインの投機的魅力は計り知れないものがあります。


出典:『次世代の全く新しいお金の稼ぎ方を“0″から教えます』
    泉忠司先生が寄稿した文章を引用させていただきました。

ノアコインが「いいね!」と思いましたら
「いいね!」を押しましょう

Twitter で


ノアコイン(NOAHCOIN)でどなたも笑顔

この度は星の数ほどあるノアコイン販売サイトの中から、当サイトをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

暗号通貨(仮想通貨)という新しいものですので、ご不安になる気持ちも分かります。しかし安心してください。

「絶対に大丈夫です!」

と100%自信を持って断言できます。

何故ならば、現時点(2017年2月)でビットコイン(Bitcoin)のように世界有数の暗号通貨にするだけの資金が集まっているからです。


暗号通貨というのは持っている人が増えれば増える程、その価値が上がっていきます。

なので世界にノアコイン(NOAHCOIN)を広めるにあたって十分な資金が集まっているという事はそれを実行する事で更にノアコイン(NOAHCOIN)の価値が上がっていくという事になります。


そのノアコイン(NOAHCOIN)をプレセールスの価格が1番安い時期に購入をしたらどうなるか。

ビットコイン(Bitcoin)は120万倍になりましたが、仮に100倍になったとしても100万円が1億ですからね。

しかもあなたは持っているだけです。後は本当に何もする必要がないのです。

しかもこのノアコイン(NOAHCOIN)は何かを購入する訳ではありません。ただ単に両替すれば良いのです。もし不安であれば日本円に戻せば良いだけの話ですから。

なので大切なご友人や知人にも是非自信を持って紹介してあげてください。

また、今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。



※第3期プレセール期間は 2017年7月24日より、中国・韓国・台湾・アジア各国にて発売される予定でしたが、現在販売を停止しております。
購入希望者におかれましては大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。


コメントは受け付けていません。