「暗号通貨」の誕生は、中本哲史と名乗る人物が2008年にインターネット上に論文を発表したのが発端です。論文の内容は、今までのように政府が通貨を発行するという仕組みではなく、P2Pの仕組みを利用して、通貨の発行や取引を分散処理し、暗号化の技術と組み合わせることで、特定の管理者に頼らずに通貨を発行、維持管理する技術に関するものでした。

その後、この論文に触発された研究者やプログラマーが、中本氏の提案したプログラムに改良に次ぐ改良を加えていきます。こうして誕生したのがビットコインです。ここで終わっていれば、暗号通貨第一号のビットコインはプログラマーたちの単なる自己満足でした。しかし、思いがけない形でビットコインは流通を始めます。

「24時間いつでも世界中に、非常に安い手数料で、匿名で安全にすぐに送金できる」というのがビットコイン最大の特徴ですが、ここに目をつけて、それを「お金」として普及させた組織がありました。闇の犯罪組織「シルクロード」です。

犯罪組織にとってみれば、麻薬や武器の密売などを行う際、政府の目に触れることなく、匿名で安全にすぐに送金できる通貨というのは、喉から手が出るほど欲しいのではないでしようか。映画のワンシーンでよくあるような、どこかの埠頭で会って、現金の入ったアタッシュケースを渡すみたいなことをやる必要がなくなるのですから。

シルクロードが摘発された時には、アクティブユーザーが16万人もいました。
そして、シルクロードの一件がアメリカ国内のニュースで報じられたところ、ビットコインの存在を知ったアメリカ国民の多くは「なんて便利なものがあるんだ!」と思い、そこから一気に一般層に普及しはじめます


出典:『次世代の全く新しいお金の稼ぎ方を“0″から教えます』
    泉忠司先生が寄稿した文章を引用させていただきました。


ノアコインが「いいね!」と思いましたら
「いいね!」を押しましょう

Twitter で


ノアコイン(NOAHCOIN)でどなたも笑顔

この度は星の数ほどあるノアコイン販売サイトの中から、当サイトをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

暗号通貨(仮想通貨)という新しいものですので、ご不安になる気持ちも分かります。しかし安心してください。

「絶対に大丈夫です!」

と100%自信を持って断言できます。

何故ならば、現時点(2017年2月)でビットコイン(Bitcoin)のように世界有数の暗号通貨にするだけの資金が集まっているからです。


暗号通貨というのは持っている人が増えれば増える程、その価値が上がっていきます。

なので世界にノアコイン(NOAHCOIN)を広めるにあたって十分な資金が集まっているという事はそれを実行する事で更にノアコイン(NOAHCOIN)の価値が上がっていくという事になります。


そのノアコイン(NOAHCOIN)をプレセールスの価格が1番安い時期に購入をしたらどうなるか。

ビットコイン(Bitcoin)は120万倍になりましたが、仮に100倍になったとしても100万円が1億ですからね。

しかもあなたは持っているだけです。後は本当に何もする必要がないのです。

しかもこのノアコイン(NOAHCOIN)は何かを購入する訳ではありません。ただ単に両替すれば良いのです。もし不安であれば日本円に戻せば良いだけの話ですから。

なので大切なご友人や知人にも是非自信を持って紹介してあげてください。

また、今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。



※第3期プレセール期間は 2017年7月24日より、中国・韓国・台湾・アジア各国にて発売される予定でしたが、現在販売を停止しております。
購入希望者におかれましては大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。


コメントは受け付けていません。