従来の「お金」の概念にとらわれない「暗号通貨」が広く普及し始めています。ビットコインがその代表格ですが、他にも、イーサリアムやリップルなどといった暗号通貨も有名です。ちなみに、日本では「仮想通貨」と呼ばれることが多いですが、これは間違い。正しくは「暗号通貨」です。

これまでの常識では、中央集権的な政府または中央銀行が発行し、「これがお金です」と法に定められているものだけが「お金」として扱われてきました。日本円や米ドルやユーロをはじめとした既存のお金は「法定通貨」と呼ばれますが、 読んで字のごとく、法律で定められた通貨です。

日本円を例にとると、中央銀行である日本銀行が 発行し、「これは間違いなく我が国のお金です」と日本政府が認めているものが日本円ですよね。 それ以外のものを「お金」として使おうとすると、もちろん偽札ですので使うことができません。

しかし、「暗号通貨」はそもそもの概念が違います。
例えば、10人の集団があるとします。その10人全員で「我々の仲間うちでは、人生ゲームのおもちやのお金を「本物のお金』ということにしよう」と取り決めるのです。すると、その10人の中だけでは、人生ゲームのお金が、「本物のお金」として機能しますよね。10人のうちのAさんが、やはり10人のうちのBさんが焼いたパンを買いたいとして、人生ゲームのお金で支払ってパンを購入することができます。だって、お互いにそれは「本物のお金」と取り決めていますから。そして残りの8人が、「間違いなくAさんからBさんにお金の移動が行われた」ということを承認する。

これが暗号通貨の考え方です。要は、それがお金であると認めた仲間内だけで使える「お金」と考えれば分かりやすいでしようか。TSUTAYAのTポイントや、ビックカメラのビックポイントなども同じような考え方ですね。Tポイントの加盟店はTポイントがお金の代わりになると認めているので、そういう店ではTポイントで支払うことができるのです。

このような性質ですので、暗号通貨は中央集権的な政府や中央銀行のコントロール下にないというのが、大きな特徴だと言えます。


出典:『次世代の全く新しいお金の稼ぎ方を“0″から教えます』
    泉忠司先生が寄稿した文章を引用させていただきました。

ノアコインが「いいね!」と思いましたら
「いいね!」を押しましょう

Twitter で


ノアコイン(NOAHCOIN)でどなたも笑顔

この度は星の数ほどあるノアコイン販売サイトの中から、当サイトをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

暗号通貨(仮想通貨)という新しいものですので、ご不安になる気持ちも分かります。しかし安心してください。

「絶対に大丈夫です!」

と100%自信を持って断言できます。

何故ならば、現時点(2017年2月)でビットコイン(Bitcoin)のように世界有数の暗号通貨にするだけの資金が集まっているからです。


暗号通貨というのは持っている人が増えれば増える程、その価値が上がっていきます。

なので世界にノアコイン(NOAHCOIN)を広めるにあたって十分な資金が集まっているという事はそれを実行する事で更にノアコイン(NOAHCOIN)の価値が上がっていくという事になります。


そのノアコイン(NOAHCOIN)をプレセールスの価格が1番安い時期に購入をしたらどうなるか。

ビットコイン(Bitcoin)は120万倍になりましたが、仮に100倍になったとしても100万円が1億ですからね。

しかもあなたは持っているだけです。後は本当に何もする必要がないのです。

しかもこのノアコイン(NOAHCOIN)は何かを購入する訳ではありません。ただ単に両替すれば良いのです。もし不安であれば日本円に戻せば良いだけの話ですから。

なので大切なご友人や知人にも是非自信を持って紹介してあげてください。

また、今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。



※第3期プレセール期間は 2017年7月24日より、中国・韓国・台湾・アジア各国にて発売される予定でしたが、現在販売を停止しております。
購入希望者におかれましては大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。


コメントは受け付けていません。