• スマホアプリ「Gunosy」でNOAHファンデーションが紹介されました

    スマホアプリ「Gunosy」にNOAHファンデーションが行っているフィリピンの医療問題などを解決する活動が掲載されています。 実際にこのニュースに掲載されているのは、ほんの一部でNOAHファンデーションはこうした社会貢献を日々行っております。 世の中を便利にしてフィリピン人の生活を変えて、更に世界を変えるのがNOAHコインそしてNOAHプロジェクトです。 その活動がこうしてニ ... 続きを読む

  • 「グローバルニュースアジア」というサイトでノアコイン(NOAHCOIN)が紹介されました

    「グローバルニュースアジア」というサイトでノアコイン(NOAHCOIN)が紹介されました。 また、スマホアプリ「Gunosy」で上記の記事が紹介され、経済部門で1位を獲得しました。 ノアコイン(NOAHCOIN)の記事はかなり反響が有ったようです。 このようにビットコイン(Bitcoin)と並んでノアコイン(NOAHCOIN)もマスコミやニュースに取り上げられるようになってき ... 続きを読む

  • 2017年に絶対にやるべきこと

    2009年にビットコインを持っていた人は、全員が億万長者になっています。もし2009年に皆さんに「今すぐビットコインを保有してください」と僕がアドバイスできていれば、日本には今ごろ億万長者が大量輩出されていたことでしょう。でも、タイムマシンに乗って過去に戻り、そのアドバイスをすることはできません。 しかし、2017年の今、僕は皆さんに声を大にして断言します。 「今すぐノアコインを保有し ... 続きを読む

  • 保有するだけで初年度20%の配当

    さらにノアコインにはとんでもない仕掛けがなされています。ノアコインを保有するだけで利子がつくという仕組みです。しかもそれが初年度20%。そこから毎年利率が0.86倍に指数関数的に下がりますが、それでも40年に渡って複利で利子がつくのです。 複利による配当はとんでもなく大きいですよ。「20世紀最大の発明は複利である」とアインシュタインが言ってるくらいですから。しかもノアコインはそれが保有数に応 ... 続きを読む

  • 世界初夢の暗号通貨シティ

    ノアコインはOFWの送金手数料問題の解消が主たる目的として開発されていますが、日本をはじめとした世界各国からの協力を得るための計画も着々と進んでいます。その一つが夢の暗号通貨シティ「ノアシティ」の開発です。 マニラのど真ん中、東京で言うと、新宿や六本木というエリアから車で30分のところに、ノアプロジェクトの賛同企業の一つであるフィリピン航空が所有する広大な土地があります。そこに、あらゆる店舗 ... 続きを読む

  • ノアプロジェクトの発足

    「送金手数料」と聞いて、勘のいい読者の方はもうお気づきですよね。それを解決するために「暗号通貨」以上のものはありえません。そこで、フィリピンの政財界の有志が集まって、ノアファウンデーションが発足しました。そしてフィリピンの政財官民が一致団結して開発しているのがノアコインです。 ノアファウンデーションは言うまでもなく非営利団体ですので、セキュリテイが最高レベルで、他の暗号通貨や法定通貨とも互換 ... 続きを読む

  • フィリピンの大きな社会問題

    フィリピンの急成長に大きく寄与しているOFWですが、その背後にフィリピンが抱える大きな社会問題があります。それが「送金手数料」の問題です。OFWからの年間送金額3兆円に対してかかる送金手数料は3500億円。つまり、フィリピン人が稼いだお金を本国に送る際、約12%は本国に届かず、手数料として世界各国に落ちているという現状があります。 例えば、日本で働いたフィリピン人が本国の家族に5万円を仕送り ... 続きを読む

  • フィリピン急成長の理由

    フィリピン急成長の大きな理由の一つに「外資の流入」が挙げられます。 フィリピンはASEANで唯一、英語が公用語の国です。しかもシンガポールやインドのような訛りのある英語とは違い、国民は非常に綺麗なアメリカ英語を話します。 そうであるがゆえ、フィリピンはアメリカ、イギリス、オーストラリアといった英語圏の国々からのアウトソーシングが、アジアで圧倒的1位。他の追随をまったく許しません。その規模た ... 続きを読む

  • 急成長するフィリピン

    フィリピンと聞くと、「汚い」「危ない」「遅れている」というイメージを想起する人が多いのではないでしようか。ぜひ一度、フィリピンの首都マニラに行ってみてください。そのイメージは、外国人が日本人を「サムライ」「腹切り」「忍者」と言ってるのと同じだとすぐに分かりますから。 フィリピンはまるで日本の時計を50年逆戻りさせたかのごとく、高度経済成長真っ只中です。 2013年のGDP成長率はアジアで唯 ... 続きを読む

  • ビットコイン以上のポテンシャルを持つ究極の暗号通貨

    暗号通貨の投機的魅力と危険について確認しましたが、そもそもビットコインをはじめきちんと定着する暗号通貨は「必要性」がきちんとあって、便利だからどんどん広がっていくのです。そして、コインの絶対量が決まっている中で必要とする人が増えていくからこそ、価値が上昇し、そこに投機的魅力が存在するという構図です。 「必要性」という観点から言うと、「ある国の社会問題を根本から解決するために誕生しようとしてい ... 続きを読む